野球データ考察班

こんにちは、筆者です。このブログは野球のデータについて様々な角度から切り込んでいき、皆さんに野球をより楽しんでもらおうというブログです。

【ベイスターズ編】21世紀に在籍した生え抜き日本人で打線組んでみた

今回は2019年セリーグ第2位の横浜DeNAベイスターズ編になります。横浜は21世紀になってから親会社が変わっている数少ない球団のひとつでもありますね。それでは「21世紀に在籍した生え抜き日本人打線」どうぞ。

 

1(一)内川聖一 .378 14 67 .956

2(三)宮崎敏郎 .318 28 71 .894

3(中)多村仁 .305 40 100 .987 10盗塁

4(左)筒香嘉智 .322 44 110 1.110

5(指)村田修一 .323 46 114 1.062

6(右)佐伯貴弘 .322 19 57 .864

7(遊)石井琢朗 .295 10 43 .773 11盗塁

8(捕)谷繁元信 .262 20 70 .815

9(二)石川雄洋 .294 0 18 .685 36盗塁

0(投)三浦大輔 2.52 12勝9敗 177奪三振 214.2回

※数字はキャリアハイのもの

※盗塁数は10個以上のみ記載

 

今回選出するにあたり最も悩んだのが「1番打者」です。今回は内川選手を選びましたが、内川選手にあまり1番のイメージがなかったので、ここは少し悩みどころですね。全体を見ると、新旧4番の村田選手、筒香選手が4,5番に揃い踏み。クリーンナップで計130本の重量打線になりました。

投手は文句なしで「ハマの番長」こと三浦大輔選手でしょう。この野手をバックにすれば名球会入り間違いなしです。

 

今回はここまでになります。

読んでくださりありがとうございました。